桜前線も序々に北上して来ていますネ~ 
 
 
桜に纏わる能の演目は、数多くあります。


 
桜を愛し、桜と共に生きた西行法師の春の夢の中

での桜の老木の精との出会いを演じる 《 西行桜 》 、

京都、墨染寺の桜が薄墨色になったと云う伝説を

テーマにした 《 墨染桜 》 、

他にも 《 吉野天人 》,《 鞍馬天狗 》,《 田村 》,

《 志賀 》 なども桜の美しさを語っている謡曲で

有名です。

また、《 熊野(ゆや) 》 では、

桜は単に美しいと云うだけではないく「無常」「悲しみ

の象徴としても扱っています。


雅勒 の住む、ここ茨城県にも

シロヤマザクラを中心とした「磯部の百色桜」で有名な

桜川市に、 《
桜川 》 と云う謡曲があります。

一般的に「桜」と云えば、ソメイヨシノでしょうけど、

こちらは「百色桜」と云われるほどに天然記念物の

白山桜 ” を中心に同じく天然記念物の “ 樺桜 ”,

大和桜 ” や “ 糸桜 ”など色々な種類の桜を

観ることができます。

白山桜(天然記念物)


   天然記念物の
     “ 白山桜






桜川は、平安の歌聖・紀貫之の和歌にも詠まれている

ことから、その昔名声が京の都まで届いていたことを

うかがわせます。

鏡ヶ池



  桜川の水源
   「鏡ケ池」




鏡ヶ池由来















さて、本題の四番目物(雑能)の謡曲 《 桜川 》 です。

九州日向国(今の宮崎県)の桜の馬場に住む

桜子(さくらご)は、東の国の人商人(ひとあきんど)

わが身を売り、その身代金と手紙を母に渡してくれ

と頼み、国を立ちます。

人商人から手紙を受け取った母が驚いてあたりを

見ると、もう人商人はいません。

母は嘆き悲しみ、氏神の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)

我が子の無事を祈り、その行方を尋ねて旅に出ます。

柴田稔氏HP














                    柴田稔氏のHPより借用 



それから三年が経ち、

常陸国(茨城県) 桜川は丁度桜の季節です。

桜子は磯辺寺に弟子入りしており、

今日は師僧に伴われて近くの桜川という花の名所に

やって来ます。

里人は、桜川に流れる花をすくい網で掬(すく)って

狂う女がいるから、

この稚児に見せてやればよいと勧めます。


mugaumHP a








 ⇐ 花を掬う狂女




   桜川デジタルcom.mugaumHPより借用


呼び出された狂女は、九州からはるばる

この東国まで、我が子をもとめてやって来たこと

を語り、失った子の名も桜子、この川の名も桜川、

何か因縁があるのだろうが、

春なのにどうして我が子の桜子は咲き出でぬのか

と嘆きます。

深井
 桜子の母が掛ける
      【深井】の面
  (子供を持つ中年代
   の女性の顔をした面



mugaumHP








                             桜川デジタルcom.mugaumHPより借用 


更に、桜を信仰する謂(いわ)れ、我が子の名“桜子”の

由来、桜を詠じた歌などを語り、散る花をい上げ

興じ狂います。

僧はこれこそ稚児の母であると悟り、

母子を引き合わせます。

二人は嬉し涙にくれ、連れ立って帰国します。



  室町時代に、櫻川磯部稲村神社宮司が時の関東
  公方足利持氏に花見噺「桜児物語」を献上、これを
  基に、時の将軍足利義教が幽玄能の大家世阿弥
  元清に作らせた謡曲「桜川」です。



「桜川」にちなみ、庵の桜を紹介します。

早咲きの「鉢植え桜」です。 (笑)

鉢植えの桜


桜と蜜蜂



  蜜蜂も喜ぶ
  早咲きの桜




                      (クリックして見て下さい)



この桜、サクランボが成るんです。

この時期と5月に2度楽しめる「佐藤錦」ですヨ~

早咲き桜














サクランボ


  五月末に実る
  サクランボ 










お隣の福島県には日本三大桜の一つ、

「三春滝桜」があります。

地震と放射能被害が無ければいいのですが・・・

「三春滝桜」、

今年はどんな咲き方をしてくれるのでしょうネ?





        < シリーズ : 能と面と花 >
               第1回  能楽「東北」と梅      ’11  3/11