2011年3月11日14時46分、

今まで経験したことのない突然の激しい揺れで、

二階の自分の部屋から1階に駆け下りて

家族の安否を見届けてから、

暫くして自分の部屋に戻った時、

部屋の状況に愕然としました。


たまたま、

デジカメを机の上に出してあったので、

揺れが一時おさまった時に記録しました。

雅勒の部屋

  雅勒の
   書斎、兼
   作業部屋










 
 納戸の中の物が崩れ落ち、引き戸が外れ
 倒れかかっています。
 天井からは照明器具がぶら下がっています。
 机の書籍類や、タンスの上の荷物は投げ
 出され部屋中に散乱しています。


玄関のギャラリー










     玄関奥のミニギャラリーの能面も、
     何面か床にたたき付けられました
     が幸い無事でした。
     能面を掛けてあった
     漆塗りの手作りの衝立(ついたて)
     真二つに割れて、能面を守ってくれ
     ていました。
手作り衝立


  
  






家屋の被害状況を確認するために、

外に出てみると近所の “ 瓦屋根の被害 ” が

多く目につきました。

幸いにも我が家はスレート葺きの屋根でしたので、

被害はありません。

近所の瓦屋根a






近所の瓦屋根b








同じ瓦屋根のお宅でも被害の無いお宅もあり、

後で聞いてみると漆喰(しっくい)接着剤での

補強を施していたようです。


震災後、

5日経って血糖値を抑える薬が切れる時期なので、

掛り付けの総合病院に薬を貰いに行く途中、

太平洋に面した海沿いの道を通り震災と

津波による爪跡をまのあたりにしました。

堤防破壊
 ⇐ 津波で
   壊された堤防



流漂物




    何処からか流され
   てきたタンク 




それでも、

もう復興に向けて皆さん頑張っていました。



今回の経験から、

まだまだ続く余震に備えて、

部屋の片付けをしながら、耐震補強をしました。

耐震の補強ポールをしてあった本棚の上の

人形ケースが落ちてこなかったことと、

中の書籍類が外に投げ出されて居なかった

ということは、

補強の効果 ” があったということですネ!

( もうひとつの耐震補強をしていなかった本棚は、
 ガラス戸が外れて書籍は投げ出されていました )

救われた人情ケース

 








 中の書籍類もこの通りです。
 でも、上に置いた人形ケースは戸が開き、
 立ち雛は落下して壊れましたが、
 これも、きっと家族の身代わりになってくれ
 たのでしょうネ~  合掌




昨日開いた、

近くのホームセンターで耐震グッズを買い、

早速処置しました。

本棚の上部に “ L字金具 ” で壁に固定しました。

また、

人形ケースが前に滑り落ちなかったことに

学び5mm×10mm角の木材でストッパーを

貼りつけました。


地震対策a












納戸には、

普段あまり使わないような大物が収納されている為、

途中の棚にフックをねじ込み、

不要になった電気器具のコードを張って

ズレ落ち防止 ” 処置をしました。

地震対策b2





地震対策b1






















天井の照明器具が落ちてきた一番の原因は、

新築時に子供部屋にしていたので天

井材が防音仕様になっているため、

プレート材質が他の部屋のものより

軟らかな素材だったようです。

それが20数年の間に退化して強度不足になり

留め具部分の力に耐え切れなかったんだと

思います。


取りあえず、

器具コードと天井プレートの接触面にベニヤの

切れ端を入れて補強後に取り着けましたが、

いずれ落ち着いたら見てもらうつもりです。



日常の生活の中では、

あらゆる創意工夫で自然の災害から

自分の身を守っていくしかありません。

これで、少しは安心できます。

この処置でも駄目な時は、

きっと家屋崩壊の時でしょうネ (>_<)



そのような状況になった時でも、

避難通路に物が散乱していては逃げ遅れます。




幸いにも、

我が家は海から少し遠くの山側にあり

海面よりかなり高い処なので、

津波の被害はありませんでしたが、

震災後、

二日目に電気が通ってTV報道を目にした時は、

愕然としました。

そして、次々に報道される

東北地方の悲しいニュース ・ ・ ・


この度の震災で、残念にもお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された多くの皆さんに、心よりお見舞い申し上げます。
そして、地震と津波で家屋を失われながらも未だ続く強い余震と物資不足の中で、必死で生活をなさっている皆さん!
頑張って下さい。




    この一週間、災害報道やらたび重なる激しい
    余震などで、つい重い気持ちになる時も多々
    あり、ブログ更新の気力にも欠けていましたが、
    皆様からのお見舞いや励ましのメーッセージ、
    そして私のブログを見て頂いている皆様の
    ブログに込められた思いにも元気付けられま
    した。
 
    この場をお借りして御礼申し上げます。