雅勒の散歩路

能面師「雅勒(がろく)」が 能楽・能面及び、花木や野鳥・蝶等に関するHP番外編の記事を
“散歩”のような気軽な気持ちで、不定期に掲載しています。

蝉丸

“憐れみ”と“悲しみ”の面 4

今、

盲目の青年  蝉丸(せみまる)
の面を打っています。

蝉丸 は以前に一面打っていますが、

能面展の際に来場して頂いた方の依頼で

再度の製作です。



昨年、近くの大学の図書館で読んだ斎藤澄子氏の

  - 能楽「蝉丸」と「弱法師」における
      “あわれみ”と“悲しみ”の意識構造
 その

と云う論文を思い出しました。


能楽の【 蝉丸   弱法師(よろぼし)
は、

主人公が高い身分の出の青年で、

ともに盲目で最下層に身を置き、

憐れみを誘う悲話を題材にしています。


蝉丸 】に付いては、

以前ブログで紹介していますので

詳しくは述べませんが、姉宮の 《 逆髪(さかがみ) との

再会と別れのドラマです。

この二人に対する 悲しみ の感情は同質のもの

として共有できるものですが、

憐れみ はそれぞれの生き方の違いからくる

感情に反映されているようです。


逆髪




   

       逆髪 》の面 ⇒


蝉丸-a





⇐  蝉丸 》の面




逆髪 が外向的な明るさが有るのに対して、

蝉丸 の内向的で静的な暗さが、

心理的な動きに反映されるからでしょうか?




さて、今度の

蝉丸
はどんな仕上がりになりますかネ~ 


弱法師

いずれ打ってみたいと思っていますが ・ ・ ・



能楽百一番_弱法師













                 淡交社 「能楽百一番」より


斎藤澄子氏の論文は、その3で 弱法師

俊徳丸(しゅんとくまる)に付いて言及されるようです。

そこでは、

継母の玉手御前の慈愛まで考察されるのでしょうか?

論文の公開が楽しみです。




その大学、

茨城キリスト教大学のキャンバスでは

今、“ 慈愛 のバラが咲いています。

P6120109
                アンネのバラ


P6120110


  キアラ館前の
  花壇に咲くバラ


P6120108
















能面とバラって、意外な取り合わせですが、

案外合うものですヨ~    ⇒ HP雅勒の庵








 < 過去の関連記事 >
 
   ・ 能楽「蝉丸」と面       ’
11  1/4  ☞ こちら

能楽「蝉丸」と面(おもて) 4

能楽 “ 五番立 ” のうち四番目物は「神・男・女・鬼」のいずれにも属さない曲趣のものすべて ここに入れることから、「 雑能(ざつのう) 」 の名があります。

今年最初の観賞は、雅勒の年賀状にも使用した 雑能の【 蝉丸(せみまる) 】 を題材にします。



蝉丸 》 の宮(ツレ)は、醍醐天皇の第四皇子でありながら幼少時より盲目であったため、剃髪(ていはつ)の上、逢坂山に捨てられます。
蝉丸-a







蝉丸 》 は前世の報いとあきらめ、同情者の博雅三位はくがのさんみ 間狂言)が設えてくれた藁屋(わらや)で、心の慰みに琵琶を奏でて日々を送ります。


蝉丸
 ⇐ ツレの《 蝉丸
       専用面

栗谷能の会







                     
                    ↑ 栗谷能の会のHPより
                                    使わせて頂きました




一方、髪が逆立つ病のために狂乱し彷徨(さまよ)っていた姉宮の 《 逆髪(さかがみ) (シテ) は、琵琶の音を聞き、懐かしい音に足を止めます。

かけられた声に 《 蝉丸 》 と知った 《 逆髪 》。

逆髪
 ⇐ シテの《逆髪
       専用面

岩井氏のHP










姉弟は再会を喜びつつも、互いの身の上を嘆き合い、そして名残を惜しみながらも、再び 《 逆髪 》 は彷徨(ほうこう)の道を行き、 《 蝉丸 》 は見えぬ目でそれを見送ります。


     花の都を立ち出でて、
         憂き音に鳴くか賀茂川や
             末白河をうち渡り ・ ・ ・

       狂女なれど心は清瀧川と知るべし



小倉百人一首に登場する 《 蝉丸 》 は、 『 今昔物語 』では宇多法皇の皇子「敦実(あつざね)親王」に使える雑色(ぞうしき)となっていますが、能ではずいぶん身分が高くなっています。

 
百人一首
 これやこの 
  行くも帰るも わかれては
     しるもしらぬも 
           逢坂のせき
 
                       
蝉丸







 


能面の詳細説明はHP『雅勒の庵』の「作品展示室
http://www.net1.jway.ne.jp/k_garoku/gallery.html
                  を覗いてみて下さい。


    < シリーズ : 面(おもて)から観る能楽 >
               第4回  能楽「羽衣」と面    ’10 12/ 1
               第3回
  能楽「清経」と面    ’10 11/ 1
               第2回  能楽「高砂」と面    ’10 9/30
               第1回  
能楽「翁」と面        ’10 8/18


 

今年は選に漏れました 2

今年の新作能面公募展は、残念ながら2面とも 選に漏れて審査結果表と共に空しく返却されてきました。

ポスター
        ↓ 審査結果表
審査結果表






応募面


 今回応募作品の
 《孫次郎》と《延命冠者




今年度は、全国31都道府県の369名(535点)の応募があり【大賞】の福井県知事賞は《蝉丸》が選ばれたようです。

蝉丸》は雅勒が昨年入選した面なので、早く写真集で拝見したくなりました。
 
きっと、素晴らしいんでしょうネ~ 


それでも、NHK水戸文化センターの能面教室としては、もう一人の講師の青木先生の《(狂言面)が【佳作】に、
そして私の教室の栗原さん(私より先輩にあたりますが・・)の《平太》が【入選】に選ばれました。

おめでとうございます。
 
狂言面_鬼
 ⇐ 狂言面《
   参考画像 : 山本東次郎家
          「狂言の面」より



平太




  栗原さんの《平太






これで、能面教室としては6年連続の快挙です。 
よかったぁー (^‐^)v
 



これを機に初心に戻り、女面の透明感のある幽玄味を追及する意欲が湧いてきました。

来年からもう少し真剣に“面打ち”に精進したいですネ~ 





能面の詳細説明はHP『雅勒の庵』の「作品展示室
http://www.net1.jway.ne.jp/k_garoku/gallery.html
                  を覗いてみて下さい。


      < 過去の関連記事 >                     
             ・ また、この時期が来たぁ~    ’10 6/6

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

雅勒

メインHP ⇒ 『 雅勒の庵 』 

- - - - ’20 ( R.2 )- - - -
8/17 柏原氏の《白式尉》をアップ
7/12 皆川氏の4面をアップ
2/9 「催し物情報」を 更新
2/6  柏原氏の《平太》をアップ


- - ’19 (H.31、R.1) - -
12/28 松本・柏原氏の《野干》をアップ
10/9 「作品展示室」に《野干》をアップ
 6/29 「薔薇の園」の グレードアップ
 5/29 「橘教室」の 新作7面を アップ
 5/28 「催し物情報」を 更新


お時間があれば、こちらもどうぞ


9月の能と花のイラスト
井筒にかけしまろがたけ


― 能「井筒」(能絵)-

能「井筒」 ☞ こちら
    



― 彼岸花 -
イラスト「十五夜」 より☞ こちら
   
アクセスカウンター
  • 昨日:
  • 累計:

       ( UUを表示 )

訪問有難う御座います ♪♪

雅勒の勝手な、お気に入り
能面師 中村光江 さん
 「能面の世界」

能面アーチスト 柏木裕美 さん
 「能面の世界」

和あらかると 岩田晶子 先生
 組紐教室

ノビタ さん 
 「ノビタの釣り天国」

シャンソン歌手:日野美子 さん
 ♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手:別府葉子 さん
 葉子通信

小森真理子 さんの公式HP
 琴 ー 感動

ポピュラーピアニスト namiさんの
 咲花/nami ブログ

ROUGE(ルージュ) さんの
 額 ~薔薇の国星~

音霧 忍 さん
 季(とき)の庭

房総のままちゃん
 ご飯の後。

暇人haru さん
 趣味の歳時記

パラグライダー人生 稲垣 さん 
 「パラグライダー人生」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
QRコード
  • ライブドアブログ