お彼岸ですネ~

今年も、庵の庭の “ 彼岸花 ” はまだ咲いていません。

でも、

秋の本格的な菊花のシーズンに先駆けて、

庵の庭に 2種類の “ ” が咲きはじめました。 



まずは、“ 秋明菊(しゅうめいぎく) ” です。

秋明菊_赤











 

秋明菊_白

 白花の
 秋明菊 



 園芸品種です。





濃いピンクの花は京都の貴船神社の周りに

多く自生していたので、「 貴船菊(きぶねぎく) 」 の別名が

付いています。

元々は中国の原産で、

かなり古い時代に日本に渡来して帰化した花で、

中国では 秋牡丹 と呼ばれているそうです。



この“ 秋明菊 ” 、「 」 の名が付いていますが、

実は菊の仲間ではないんですヨ~

アネモネの仲間のキンポウゲ科の植物です。

アネモネ



    アネモネ ⇒




                 WEBサイトより借用 




」 の名の付いた、

菊ではない花 をもう一つ紹介します。

花が段々に咲き、が「 に似ていることから

 段菊(だんぎく) ”の名前が付いています。


段菊

段菊_a

段菊_b










まるで、五重の塔の宝輪(ほうりん)のようですよネ。


この “ 段菊 ”、

クマツヅラ科カリガネソウ属の半耐寒性宿根草で、

朝鮮半島や九州の山地に多く自生してる花ですが、

最近では切り花用にも栽培されています。


雁金草(かりがねそう)って ??  
            雅勒も良く知りません。 (>_<)

インターネットで検索した花は

段菊 ” には似ていませんネ~

どちらかというと、

同じカリガネソウ属の “ 花式部 ” の仲間でしょうか ?

雁金草 ⇐ これが
    雁金草 だそうです



花式部


     WEBサイトより借用    



     花の色と付き方が
     紫式部に似ている
     花式部   



                                 WEBサイトより借用 
  




でも、やっぱり

お彼岸には “ 彼岸花 ” が咲いて欲しいですよネ~ 







  < 過去の関連記事 >         
    
・ これって、温暖化?  
’10  9/25   ☞ こちら