雅勒の散歩路

能面師「雅勒(がろく)」が 能楽・能面及び、花木や野鳥・蝶等に関するHP番外編の記事を
“散歩”のような気軽な気持ちで、不定期に掲載しています。

桜まつり

能楽《猩々》と面(おもて) 5

今年の桜は、

P4121244






 近くの神社の桜
      4/12




気候が良かったせいか永持ちしましたネ~ 


日立では、

4/1~20まで、桜まつり の期間です。

今週いっぱいは、まだ桜の花が楽しめるようです。


気候も良いし、夜桜の花も素晴らしいので、

 「 月、星はひかりさやかに花をさす
     夜の桜、花の酒の宴
               猩々舞
(しょうじょうまい)を舞おうよ 」
 
                            大和樂 花の猩々 より


とばかりに、花とお酒に酔いしれて

乱舞した人も多かったでしょうネ~  




よくオランウータンに間違えられるけど、

中国の想像上の生き物で、海の中に住み、赤い顔に、

赤くて長い髪、

お酒の好きな   猩々(しょうじょう) の舞がそれです 


P2221071












P2221073













能楽五番目物の 猩々(しょうじょう) とは ・ ・ ・




揚子江沿岸の揚子(ようず)の里に住む親孝行な

高風(こうふう)は、ある夜の夢に、

 「 市に出て酒を売れば豊かになる 」

とのお告げを受けました。


高風は夢の告げに従って市で酒を売ったところ、

お告げ通りに富貴の身となりました。


高風が普段通り、市で酒を売っていると、

たびたびやって来ては、

酒を何杯も飲んでもまったく酔わないお客が

現れます。

不思議に思って名を尋ねると、海中に住む 猩々 だと

名乗り、


P2221092









      【 猩々 】 の面



P2211047





 笑みを
 浮かべる面





酒壺を抱いてそのまま水の中へ消えてしまいました。


            ・ ・ ・


月の美しい夜、潯陽江のほとりで高風が酒を持って

猩々 を待っていると、

猩々 が、

再び水面に浮かび上がってきて不老長寿の薬とも

言われる酒を称え、舞いはじめました。


猩々_「面からたどる能楽百一番」淡交社
 
                         「面からたどる能楽百一番」 淡交社 より


そして高風に、酒が泉のように湧き出る壺を与えます。


それは夢の中の出来事だったのですが、

あとには、

汲めども尽きぬ酒壺が残されていて、

高風の家は末永く栄えたのでした。


                   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


といった、祝言能(しゅうげんのう)の一つです。




  猩々 の舞(中之舞)にはいろいろな種類があり、

もっとも代表的なのが 『 猩々乱(しょうじょうみだれ) 』、

又は 『 (みだれ) 』 という曲名に変わるもので、

水上を戯れ遊んでいる様子を表す特殊な足運びが

印象的です。

猩々乱れ_「能楽百十番」平凡社












 


                猩々乱_「能楽百十番」平凡社より




また、

日本の山野草にも 「 猩々袴(しょうじょうばかま) 」という、

ユリ科の植物があります。

猩々袴_植物図鑑 Weblio辞書より






 


 植物図鑑
 Weblio辞書より



花を 猩々 の顔、葉を袴にみたてて付けられた名前

のようです。



思い出深い「展示会」 3

第10回の定例の藤の会『能面展示会』が4月10日(日)に終わり、今日は朝から展示品の搬出と会場の後片付けをしてきました。

10回目の記念展示会だったのですが、他に色々な想いのこもった展示会でした。
P4100765








P4100767













今年の2月に雅勒の師の藤田朧雲先生の奥さまが亡くなられたこと。

深井_朧雲作

       藤田朧雲先生の【深井(ふかい)


第1回の展示会から毎回、
展示場には藤田先生の奥さまの手で茶花が活けられ、しっとりと落ち着いたなかに華やいだ雰囲気を演出して頂いたものです。

今年は、会員達が花瓶を持ち寄り、
無骨な男たちの手で、慰霊をこめて花飾りをさせて頂きました。
 
椿.jpg


添え花_3










そして、今日で 1ヶ月となる大震災の後の催し物 ・ ・ ・

会場となった水戸偕楽園公園センターは立派な「」の張りで支えれらたしっかりとした建物で、今年度最初の催し物をスタートさせるに何ら問題は有りませんでした。

P4090722


でも、廻りの地盤が弱く20cm程陥没した傷跡が痛々しく残っていました。

本来なら、「梅まつり」にひき続き、4月1日から「まつり」が開催され会場周辺は多くの花見客で賑わうのですが、偕楽園の被害が大きかった為か、中止になりました。


それでも、は展示会の終盤に見事に咲き誇り、家族連れの花見客も多く見かけました。

桜・雪柳・椿










          満開の雪柳と桜



今年は傷ついた「好文亭(こうぶんてい)」をがそっと見守っていましたが、
来年の春は、水戸偕楽園「好文亭」から見下ろすお花見が出来ることでしょう

桜越しの好文亭
           好文亭」を仰ぐ



大地震の直後は、定例とは云え  「 展示会 など、とても開催出来る状況ではないだろう」と云う気持ちが大きかったのですが、多くの人達の励ましと、幹事さん達の御苦労によって無事に納めることができました。
改めて、御礼申し上げます。

そして、この「展示会」を観て頂いた方々の気持ちが、少しは落ち着かれたのではないかと思います。

16日(土)の反省会では、今回展示した面(おもて)の中から各自一面ずつ持ちより、その面に掛けた“想い”を語って貰う事を約束して本日は解散しました。



今では、「開催して良かったぁ~」と心から想います。










 展示会の様子はHP『雅勒の庵』の「催し物情報」に
 アップしてあります。   >>>  こちら 




           < 過去の関連記事 >                     
                    ・ 記念 「能面展」     ’11 4/6
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

雅勒

メインHP ⇒ 雅勒の庵 』 

- - - - ’21 ( R.3 )- - - -

9/23 青柳氏の《 小面 》 をアップ
9/21 佐藤氏の《 小面 》 をアップ
8/ 2 「作品展示室」に《泥虎》をアップ
5/22 松本氏の《 笑尉 》 をアップ
5/12 「薔薇の園」に“ジュリア”をアップ
2/14 皆川氏の3面をアップ

- - - - ’20 ( R.2 )- - - -
11/24 「作品展示室」に《泥虎》をアップ
8/17 柏原氏の《白式尉》をアップ
7/12 皆川氏の4面をアップ
2/9 「催し物情報」を 更新
2/6  柏原氏の《平太》をアップ



お時間があれば、こちらもどうぞ


4月の能と花のイラスト
花にひかれて来たのです



― 能「吉野天人」(能絵)-

能「桜川」 ☞ こちら     



― かたくり -
イラスト「十五夜」 より☞ こちら    
アクセスカウンター
  • 昨日:
  • 累計:

       ( UUを表示 )

訪問有難う御座います ♪♪

雅勒の勝手な、お気に入り
能面師 中村光江 さん
 「能面の世界」

能面アーチスト 柏木裕美 さん
 「能面の世界」

和あらかると 岩田晶子 先生
 組紐教室

ノビタ さん 
 「ノビタの釣り天国」

シャンソン歌手:日野美子 さん
 ♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手:別府葉子 さん
 葉子通信

小森真理子 さんの公式HP
 琴 ー 感動

ポピュラーピアニスト namiさんの
 咲花/nami ブログ

ROUGE(ルージュ) さんの
 額 ~薔薇の国星~

音霧 忍 さん
 季(とき)の庭

房総のままちゃん
 ご飯の後。

暇人haru さん
 趣味の歳時記

パラグライダー人生 稲垣 さん 
 「パラグライダー人生」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
QRコード
  • ライブドアブログ