能面教室の今年のテーマの能面、

(しかみ) 】の試し彫りが完了しました。



すでに、

型紙と参考画像は生徒さん達に配布済みですが、

実際に打ったものから更に型紙に修正をかけます。

型紙の変更












確かに、平面図と縦型の型紙と参考画像だけで

面を完成させるのは難しいので、生徒さんの製作

に先駆けて、見本として試作したものです。



P3261126









   伝 赤鶴作 写し
        【

伝赤鶴 写し【顰】_彫りの完成


























暫くは、

生徒さん達の参考用として、教室に常備しますが

いずれは、彩色して完成させる予定なので

面裏には、雅号 も彫り込んでいます。


面裏


















ちなみに、この号は三代目で

当初は、

名前(雅昭)の一文字の焼き印を使っていました。

焼印デザイン






      焼き印の
      デザイン



初代の号
















次は、

福井県池田町の能面公募展で佳作を頂いたのを機に

弥勒菩薩 (ろく) を頂いて 雅勒(がろく) の号を

使わせて頂いています。


少し、恐れ多いのですが ・ ・ ・ 

img034









二代目の号
















 「 (くつわ) 」とは、頭絡(とうらく)という馬や牛の頭部に

取り付ける馬具のことですが、

“ 彫る ” とか “ 刻む ” をいう意味も持っていますので、

(みやび)(彫る) 」 を号にしました。



そして今は、草書体にしています。

img490









 スナックで知り合った
 書道家の手によるもの



雅号の彫り




















 < 過去の関連記事 >

   ・今年のテーマ【顰】      ’14  2/ 5  こちら