能面展 に、

毎年反省会をする勝田駅近くの料亭「 いさ美 」の

大女将が来てくれました。


故 藤田先生に頂いた能面を店に飾りたいとのことで、

またまた、工作をしてみました。



桐の 能面箱 を使って飾る方法です。


頂いた能面が、女面だそうですので

一回り大きい男面の能面箱の在庫を使います。


P4130027




















透明のアクリルボードと専用の接着材を調達


P4130001








P4120006





 能面箱に合わせて
 裁断して貰って





展示会の飾りと違い、永い年月飾っておくので

埃除けのカバーが必要となります。

P4130024








  カバーの四隅に
  コーナーを接着






こんな感じになります

P4130025









  カバーの保護紙
  は、お渡しする時
  に剥がします





ここまでは、簡単 


次は箱の中に敷いた能面袋に、上向きの角度を付け

能面をどう固定するか  です。



余ったアクリルパネルを2.5cmの幅にカット

P4130009










ヒータの熱で、湾曲に変形させます。

P4130011







P4130013









これに、

面紐を通す穴をドリルで開けるわけですが ・ ・ ・


二度の失敗の末、

P4130020




  ドリルでの穴開けで
  パキンと・・・ 
 





なんとか、パーツが出来上がりました。

P4130002


これで、

能面と能面袋と面箱の固定化をします。


P4130022





   やや、
   上向きになり

   アクリルの
   弾力で箱に
   押しつける






こんな感じになります。 


P4130023


一応、

能面の 床飾り として、ある程度角度を付けても

能面が下にずり落ちずに、綺麗に飾れます。


さてさて、気に入って頂けますでしょうかネ 



明日(15日)は、能面展 の反省会です。