雅勒の散歩路

能面師「雅勒(がろく)」が 能楽・能面及び、花木や野鳥・蝶等に関するHP番外編の記事を
“散歩”のような気軽な気持ちで、不定期に掲載しています。

彩色

胡桃の古色 5

昨年、

同じ能面師の方に狂言面の 【 (とび) 】 の型紙を

さしあげたお礼に、胡桃の実を沢山頂きました。

P4141248











こんなに沢山、実を割って食べるのか? って ・ ・ ・


いえいえ

胡桃 はタンニンを多く含んでいる植物なので、

能面に古び付けをする 古色液 にも使います。




古くは、奈良・平安の時代に

写経紙の染紙に使われていたようです。


源氏物語 』 や 『 枕草紙 』 にも

 「 高麗の胡桃色の紙に ・ ・ ・ 」          源氏物語

 「 胡桃色といふ色紙の厚肥えたるを、・・・ 」   枕草紙

などと書かれています。





胡桃の実 を覆っている果皮をはがします。

P4161284









胡桃の果皮










胡桃の実




    胡桃 の実







剥がした果皮を水に浸すだけで、すぐに色が出ます。

P4161285














煮沸すること、約1時間

P4161288












2瓶の古色液が出来上がりです。



ヤシャブシの古色液と比べてみると


P4161290



胡桃 の方が、やや灰みの黄褐色です。
 ( ヤシャブシの方が赤みが強い )



今年のテーマ面、【 (しかみ) 】 の彩色に

顰_赤鶴










         赤鶴作_【



赤味を抑えた 灰みの黄褐色 がピッタリです。







 < 過去の関連記事 >

   ・古色液を作る         ’11  2/28  こちら
   ・ヤシャブシ って??    ’10  5/22  こちら


「面を打つ」_面裏処理 5

   「面(おもて)を打つ」_小作り の続きです。
       ↑
    クイックすると、別窓で開きます。


夏の気候から、
秋に変り、能面の彩色 にはいい時期になりました。

彫りの完成した能面が、お化粧を待っています。


表の化粧前に、 “ 面裏の処理 が必要です。

面裏には演者の汗などから能面を守る為に耐久性を考慮して、漆を塗ります。

しかし、
本漆は “ かぶれ などの弊害があるので、化学漆を使うのが通例になっています。



面裏の処理に必要な道具や材料は、

 面裏処理の道具
  ・工芸漆、
   
透(色なし)・黒
  ・うすめ液   
  ・まこも粉
 
  ・漆用の顔料
   
本朱・緑・黄  
 
  ・漆用刷毛(大・小)
  ・摺り用ペーパー



工芸用の と漆用の  顔料 がベースになります。



 1).作者銘に色漆を流す

色漆の調合_10.09

     透の漆に
     顔料を混ぜる




号の漆入れ_10.09









     凹彫りの銘に色漆を流し込む


号の漆入れ(2)_10.09









     面裏の基本色に応じて、銘の色を変える



 2).朱の下塗り

父尉(朱塗り)_10.09













 3).基本色の上塗り

父尉(上塗り)_10.09




     黒褐色の漆を
     上塗り


     (顎部はまだ未処理)







 4).ふるび粉をかける

父尉(まこも粉)_10.09

     半乾きの木地     
     に、まこも粉を
     振りかける







     自然な落ち着きのある色艶と仕上がり感を表現する ため


 5).研ぎ出し

父尉(研ぎ出し)_10.09










     8割方乾いた状態で、拭き漆で使用するペーパーで
     研ぎ出しをする
 
    
     研ぎ出すことにより、凹部にまこも粉の色が残り、
     凸部は下塗りの朱がわずかに浮き出てくる
    


これで、面裏の処理が終了して面裏は完了です。




女面の場合もほぼ同様の手順で、漆処理をします。

女面の朱塗り_10.09












女面の場合は、
紐穴の部分が毛書きされるので、紐で摺れた趣を出す為に、面表に黒褐色の漆を下塗りして置きます。

紐穴の疵彩色

  女面の
  紐穴部分の傷彩色


女面の朱塗りA090142





 紐穴部の
 面表の処理




基本色は、黒の漆で上塗りをして まこも粉 を振ります。

女面(黒塗り)_10.10







女面(まこも粉)_10.10











 

この後、研ぎ出して完成させます。

女面_10.11


雅勒 の場合、
男面は鉄色の面裏仕上げで統一しています。

男面(鉄色の調合)_10.10

   緑の顔料を
   透の漆で調合





男面(鉄色の調合2)_10.10




 黒漆を混ぜ
 鉄色に仕上げる





男面_10.11



能面の面裏は、
唯一作者の個性が出せる過程ですが、

さすがに、4面の同時処理は忙しいです。 


基本は一面ずつ仕上げるのがいいですネ。



次は、表の下塗りの段階に入ります。








< 過去の関連記事 >

   ・ 面裏の趣(おもむき)    ’10 7/26   ☞ こちら




【獅子口】の彩色

能面教室の今年のテーマになった 獅子口(ししぐち) の彩色に付いて解説します。



能楽 石橋(しゃくきょう) に登場する 獅子 は文殊菩薩の
使いの獣(けもの)で、唐獅子 の精を表現していることから、
唐獅子をイメージして凹凸を強調した彩色で仕上げます。

彩色資料画像1



唐獅子





 ⇐ 唐獅子の
    イメージ





彩色は以下の手順の通りです。


 1. 下塗り

   数回の盛り上げ胡粉の下塗りの後に、数mmのボカシ刷毛か
   彩色筆で凹凸のベースを作る
  
ぼかし筆



    突起部作り







 

                

下塗り







 
     (左)下塗りの状態        (右)凹凸のベース



 2.上塗り(金泥の下地塗り)

   金泥(きんでい)彩色の下地に、濃い赤茶系の色で上塗りする
   3~4回の重ね塗りをする
   
上塗り
    〈 色の調合
     ・ 朱土(しゅど)
     ・ 岱赭(たいしゃ)
     ・ 本朱(ほんしゅ)



      上記を基本色ベースとして、
ケーキカラーで調整する

スポンジ2  
   
   目の粗いスポンジなどで叩き、
   更に凹凸を際立出せる

   








 3.金粉泥(きんふんでい)を塗る

 金粉泥   金泥の本番塗りの前に安価な金粉泥を全体に塗る
   




P8240128





 ⇐ (にかわ)
       溶かす
  
 
                
 金紛泥塗り










    (左)金粉泥の下地        (右)金粉泥を塗ったもの



 4.本金泥を塗る

   ここで初めて(純)金泥の本番塗りをする   
純金泥
   




  



   
 
     金色の発色が違ってきます     
純金泥塗り










 
    (左)金粉泥の段階        (右)金泥を塗ったもの


   金泥の溶かし方は、
   正式には膠(にかわ)で溶かした後に皿を加熱して、
   不純物を除いたものを使う方法もある。

 



 5.古び彩色

   濃い目のヤシャブシ液に松煙(しょうえん)を加え、
   赤のカラーケーキ(又は、赤口彩墨)で若干赤味を付ける
   
古び彩色0古び彩色1








   硬めのボカシ刷毛で古びを付ける
  古び彩色2









 
       この時、目や歯列などに古びが混ざらないように
       アルミホイルなどでガードしておくと良い



 6.研ぎ出し

   400番のサンドペーパで下地の赤味が多少出るように
   研ぎ出しをする研ぎ出し






研ぎ出し0JPG












 7.仕上げの吹き付け

   古びを付けた後に、再度(純)金泥をブラシで吹き付ける
金泥吹き付け   









 
       金泥は膠(にかわ)で溶いているため
       網ボカシをすると泡立って吹き付けられない

    


ざっと、このような方法で仕上げることにより
頭部の立体感と、面全体を覆う金色のアクセントを引き出すことが出来き、
獅子 の持つ野獣的要素の中に精霊としての役割を表現することが出来るのではないでしょうか。



次の定例の能面展が楽しみですネ~








  この資料は、
  能面教室での使用する為、多少専門的な解説になっています。




 < 過去の関連記事 >
 
   ・ テーマを打つ      ’12  4/24    ☞ こちら
   ・ 能楽「石橋」と牡丹    ’12  5/ 6     ☞ こちら


古色液をつくる 3

能面の “ 古び ” を表現する彩色工程で使う「古色液(こしょくえき)」をつくりました。


保存していた「夜叉五倍子ヤシャブシ)」の実を軽く水で洗い、ビーカーに移して水を注ぐとやがて “ 琥珀色(こはくいろ) ” に輝きます。

ヤシャブシ       


琥珀の輝き




  琥珀色に輝く
  ヤシャブシの溶液 ⇒


ヤシャブシの実はタンニンを多く含み、古来より黒色の顔料お歯黒などに使われてきたそうです。



石綿網を敷いた伝熱器で5~6時間程、煮出します。

煮出し


この間に、防腐効果と色出しを兼ねて  《 タバコの葉 》  を入れて煮沸します。
この作業の為、2カ月程禁煙していたのにまた喫煙 を始めてしまいました。 罪作りな作業です (>_<) 



更に、数回水を差し加えて、ひたすら煮出します。

防腐剤

水差し
     








琥珀色から黒褐色の液になってきたら、ここで別の瓶に濾紙(ろし)を使って濾(こ)して中のヤシャブシと不純物を除きます。

濾し
        








一度濾した液を、新しい濾紙(ろし)でさらに濾しながら元のビーカーに戻して、
ふたたび、濃度を深めるために煮詰めます。

再度ビ―カへ

追煮出しP2270687








一時間ほど煮沸して黒味が出てきたら、埃(ほこり)の入らないように紙蓋をして、一昼夜寝かせます。


ビーカーの底にドロっとした沈殿物が溜まるので、
上澄み液だけを保管用の瓶に移して自然媒液の 「 古色液 」 が完成です。


沈殿


上澄み液








この 「 古色液 」 をスポイトで絵皿に吸い取って、硝煙(しょうえん)やケーキカラーなどで色合いを調整しながら(必要に応じ、水で薄めて) 対象となる能面の趣(おもむき)に合った “ 古色 ” のベースを作りだします。


出来上がり



古色 ” のベース色が決まったら、
“ 網ぼかし ” や “ タンポ打ち ”で能面に陰影を付けていくと、“ 古び ” の中に 『 幽玄味 』 のある面(おもて)が仕上がります。

また、目のシャドーや唇の紅の “ ぼかし ” などにも、この古色液を使います。



能面製作の過程での染色や漆(うるし)工法や金具の加工,メッキ,金箔貼りなどの諸作業も、学ぶことの楽しみかもしれませんネ  (^‐^)




     今回は、能面教室の生徒さん達にも参考になるように
     少し詳しく書いてみました。



           < 過去の関連記事 >                     
                    ・ ヤシャブシ、って ??    ’10 5/22


ヤシャブシ、って ??3

能面の彩色で、古色付けが幽玄の味を出してくれます。
古色の原料として、「ヤシャブシ」を煮沸した上澄み液を使います。

今日は、天気が良かった(暑い位)ので近くの山に
「ヤシャブシ」採りに行ってきました。

ヤシャブシ」って知ってますか
ヤシャブシ(夜叉五倍子)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木(10m位になる)です。

yashabusi402[1]早春の3月頃、葉が出る前に雄花と雌花が別々に開きます。


 「樹げむ舎H.P.」 より
  画像をお借りしました


P5220092やがて雌花は、5月の中頃から緑色の球果になります。 このゴツゴツの球果の形状を、夜叉(ヤシャ)に見立てて名前が付いたようです。



P5220628一年後、タンニンを多く含んでいる球果は黒褐色になります。
この実を採って染料にするわけです。



P5260093これで、1~2年は大丈夫ですネ!(^‐^)v






でも、ヤシャブシ花粉により口腔アレルギー症候群を引き起こすこともあるそうなので、要注意です。
(今の時期は、もう花も終わってたので大丈夫でした。)


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

雅勒

メインHP ⇒ 雅勒の庵 』 

- - - - ’21 ( R.3 )- - - -

9/23 青柳氏の《 小面 》 をアップ
9/21 佐藤氏の《 小面 》 をアップ
8/ 2 「作品展示室」に《泥虎》をアップ
5/22 松本氏の《 笑尉 》 をアップ
5/12 「薔薇の園」に“ジュリア”をアップ
2/14 皆川氏の3面をアップ

- - - - ’20 ( R.2 )- - - -
11/24 「作品展示室」に《泥虎》をアップ
8/17 柏原氏の《白式尉》をアップ
7/12 皆川氏の4面をアップ
2/9 「催し物情報」を 更新
2/6  柏原氏の《平太》をアップ



お時間があれば、こちらもどうぞ


6月の能と花のイラスト
いづれ 菖蒲 か 杜若



― 能「杜若」(能絵)-

能「杜若」 ☞ こちら     



― 紫陽花 -
イラスト「十五夜」 より☞ こちら    
アクセスカウンター
  • 昨日:
  • 累計:

       ( UUを表示 )

訪問有難う御座います ♪♪

雅勒の勝手な、お気に入り
能面師 中村光江 さん
 「能面の世界」

能面アーチスト 柏木裕美 さん
 「能面の世界」

和あらかると 岩田晶子 先生
 組紐教室

ノビタ さん 
 「ノビタの釣り天国」

シャンソン歌手:日野美子 さん
 ♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手:別府葉子 さん
 葉子通信

小森真理子 さんの公式HP
 琴 ー 感動

ポピュラーピアニスト namiさんの
 咲花/nami ブログ

ROUGE(ルージュ) さんの
 額 ~薔薇の国星~

音霧 忍 さん
 季(とき)の庭

房総のままちゃん
 ご飯の後。

暇人haru さん
 趣味の歳時記

パラグライダー人生 稲垣 さん 
 「パラグライダー人生」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
QRコード
  • ライブドアブログ