シジュウカラ は " 四十雀 " と書き、

スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される

スズメの大きさほどの鳥です。

P1010092



シジュウカラ にまつわる民話があります。


  一休和尚がある寺の小坊主だったとき、
 
  檀家の人が

  「 飼っていた四十雀が死んだのでお経をあげてほしい 」
 
  と言ってやって来ました。

  「 なむなむなむ 」 しか知らない小坊主
(一休)

  死んだ四十雀を仏前に置き、線香を一本立てて、

   「 南無南無南無~
    人生わずか五十年、
    お前は小鳥なれど四十雀とはよく生きた
     南無南無南無~ 」

  と
四十雀の長寿を称えてお経をあげました。

  そこへ和尚が戻ってきて
 
  小坊主は、こんな文句で四十雀に引導を渡したと報告。

  すると和尚は、

  「 命というものは夫々頂いた分だけ生きるもんだ 」

  「 俺でも思いつかない文句 」 と言って

  小坊主を褒めました とさ  ・ ・ ・




この時代は、人生五十年

四十歳でも長生きの時代だったんですね ~


PB210492


  老の名のありとも知らで四十雀 
                松尾芭蕉



 < 過去の関連記事 >

   ・ 鳥のお話_1      ’20 1/24  こちら