あれから、瓢箪(ひょうたん) はどうなった?? かって 



表皮の除去がすんだ後に、

さらに、アク抜きで2日間程水に浸し


P9072003












順調に乾燥の工程まで漕ぎ付けました。


P9082023














ところが ところが、乾燥が進むに従い

徐々に、表面がヒビ割れてきて

P9092029













ここ通りの有りさまです。 


5個の 瓢箪 の中で

最後に収穫した一番出来のいいものでさえ ・ ・ ・

P9092027














P9092028












原因は色々考えられますが、

種出しの為に、中をくり抜いた際に

中の身を深くほじくり出してしまった事が

一番の敗因では   と思っています。


それと、種出しの酵素液の濃度も関係して

中身の繊維質を必要以上に溶解してしまい

表皮の厚さが均一に残せなかったようです。



何事も、“ 急いては事をし損じる ” の諺の通りです。




でも、

ここで、戦意喪失しているわけにもいきません。



傷の一番少ない 瓢箪 を何とかものにしようと

木工用ボンドで、ヒビ割れを修復して

塗装で傷を目立たなくさせれば何とか ・ ・ ・




表皮の薄さも、

光を通す加減を調整しながら、工芸うるしを重ね塗り

P9252077











P9232071













をして何とか仕上げてみました。


本当は、柿渋の塗装にしたかったのですが、

厚みを増さないといけないので、

能面の裏塗りと並行して、漆(うるし)を使いました。


P9252076















P9252074























これなら、なんとかいけますネ~  


能面材の木端を使って

P9252079









瓢箪 の口セン(飾りですが・・)も出来上りましたので、


いよいよ

ピンホール絵のデザインと穴開けです。


結局、

使い物にならない瓢箪4個は一応工芸漆を塗って

穴開けの練習用につかいます。


どんな、光の幻影が表現されるか 

これからは、センスの問題ですネ~ 





 < 過去の関連記事 >

   ・瓢箪の種出し     ’14  8/31  こちら
   
瓢箪の収穫      ’14  8/29  こちら