12月の声を聞くと、
何となく気ぜわしい気持ちになりますネ


1日(日)から、
三重の鈴鹿に住む義兄の病気お見舞いに行き

帰りは、
奈良の生駒の義姉の家に泊めて頂き、奈良・京都を
散策してきました。


奈良は、
高校の修学旅行以来ですので、初めて行ったような感覚です。


先ずは、
近鉄線で 薬師寺 唐招提寺 の世界遺産巡りです。


薬師寺 といえば、東西の塔ですが、

残念ながら、
東塔 は110年振りの解体修理中でシートに覆われて観ることは出来ませんでした 


02







    シートに覆われた
            東塔





何と、運の悪い事でしょうネ~ 


それでも、
金堂の 薬師三尊像 西塔 はしっかり観てきました。

薬師寺_西塔










                                  西塔


02







 側面の伽藍から

 奥から、
 日光菩薩・薬師如来・
 月光菩薩

 





近くには 唐招提寺 があり、紅葉が見事でしたネ~

02








 


唐招提寺








PC020961












次に向かったのが、

これもまた世界遺産の 平城京跡

02












02









3年前の平城遷都1300年祭の時に行ってみたかったのですが ・ ・ ・

PC020974













PC020972










ここの様子を知るための、平城京跡資料館は、

これまた月曜日の休館日にぶつかってしまい

ただただ広い、
平城京跡 大極殿 朱雀門 までを歩き通しました。


02











でも、
平城京跡の敷地内の 朱雀門 の近くに近鉄線が通っているのには

驚かされましたぁ~ 

02a










この日、
最後の目的地は 興福寺 です。


02














4年程前に東京国立博物館で行われた
国宝 阿修羅展 を見逃したので、

どうしても観ておきたかった場所です。

阿修羅像_postoカード













 お土産の
 PostCard



やっぱり、
実際に観る 阿修羅像 には感動を覚えましたネ~



雅勒の能面の師、
藤田朧雲(ろううん)先生が、この阿修羅像の石膏彫像を制作して

能面展に出展した時の様子が想い出されました。

藤田朧雲作_阿修羅像












       朧雲 作
       【 阿修羅

   




こうして、
一日の “ 奈良巡り ” は終わりましたが、

一年分の運動をした様な足腰の疲労を感じましたぁ~

いかに、
普段運動をしていないか ・ ・ ・ ということです。 (>_<)