春から初夏にかけて、
玄関脇を飾ってくれた ピエールロンサール です

Pierre de Ronsard_6.04-0123














最後の花も終わり、
来春のアーチ作りの “ 剪定 をしました。



もう何本かのシュート(新枝)が出て、アーチの天辺が込み合っています。

P7020245














このままでは、
来年の春のアーチは天辺だけの花になってしまいますネ~ 



これを、バッサリと ・ ・ ・

アーチの上、1/4程 剪定 しました。 

P7020252






P7030254










こうすることで、
夏の間に根が丈夫になり、枝もしっかりと成長します。

そして、
下枝にシュートが生えアーチの両側の花付きも良くなります。 



本当は、6月のうちに整えたかったのですが、
咲いている薔薇が名残惜しかったことと、庭廻りの工事やらで、7月になってしまいました。 (>_<)



剪定 した枝は、勿論挿し木です。
ピエール の剪定枝を30分程水に付け、

切り口に挿木の発根促進剤を添付してから

P7030261









赤玉土 鹿沼土 の挿し木床へ

P7030262

 ⇐ 大量の
    挿し木が
    出来ました










今年は、
その他に 紫陽花 ブルーベリー の挿し木をしました。

お隣さんの墨田の花火の枝を頂いて、

P6220168

 ⇐ 墨田の花火








P6260237

  葉は、
  半分に切り 






P6260242










2~3年後には庵の 紫陽花 が、もう一種類増えます。



ブルーベリー は、
今年の新芽の枝を4本、挿し木にました。

P6240207












発根促進剤は使っていませんが、挿し木床は鹿沼土とピートモスです。


P7030263
 酸性土壌を
 好む木なので
 ピートモスです。




P6240219


 3年後が
 楽しみです。









まだまだ、
梅雨の天候が続くようですが、この時期は挿し木に最適な時期です。


梅雨の時期、
何か楽しみを見つけないと滅入りますからネ~