モミの木のツリー飾りが冬から、夏に時季が替りましたぁ~ (笑)



毎年、12月に飾るクリスマスツリーが昨年から点灯出来なくなってしまい、
今ではモミの木の装飾は 「 ノウゼンカズラ 」 に奪われてしまいました。


まだ、モミの木が小さい時に少し離して植えたノウゼンカズラでしたが、いつの間にか、モミの木の幹を支柱に天辺まで伸び上がってしまいました。


P7261013

 ⇐ モミの木の
   天辺を飾る
   ノウゼンカズラ


P7251002













ノウゼンカズラは平安時代に中国から渡来したツル性の花木で、
凌霄花(りょうしょうか)と、難し字が当てられています。

”は「空」・「雲」の意味があり、空に向かって高く咲く花の姿を表しているそうです。

英語では、花の形がラッパに似ていることから「トランペット・フラワー」とも呼ばれます。


P7230990












ラッパ状の花は、クリスマスのベルにも似てますネ~


落花する時期になると花芯から蜜が湧き出ます。
その蜜に、メジロや蜂が目ざとく感知して集まってくるのも楽しみですヨ~



     風にゆらぐ凌霄花
              ゆらゆらと花ちる門に
                               庭鳥あそぶ
 

                                            
佐々木信綱





P7200196

  松明花 と
 ノウゼンカズラ
 ⇒


P7200195




 蜜を吸いに訪れたメジロ
   
(数年前は、
 下で咲いていたノウゼンカズラ)






でも、この装飾は手が掛らなくて助かっています。

咲き終わった後に、強めに剪定するだけで毎年自力で飾り付けをしてくれます。 


それに、電力制限が心配されるなか、
太陽と地中の水と養分で1ヶ月も目を楽しませてくれますヨ~ 

夜も明るく輝いてくれるといいのですが、そこは本物の “ お星さま ” や “ お月さま ” で我慢しましょう 


満月の夜には、
月明かりに照らされ、風に揺らぐ “ ジングルベル ” がひょっとして聞こえてくるかも知れませんネ~ 



これぞ、まさしく 『 花鳥風月 』 の世界です。 








 < 過去の関連記事 >         
  ・ 
イルミネーションが・・(>_<)   ’10 12/17  こちら