昨年の今頃、
庵の庭の梔子(くちなし)
の木が朽ち果てしまいました。

でも、
挿し木をして置いた “ 二代目の梔子 がようやく咲きました。

7月始めの蕾
 ⇐ 6月の蕾

クチナシa











先代の梔子 は、
我が家の新築当時から育ててきた花木の一つでもあり、甘い香りを放つ涼しげな白い花は、庵の庭には無くてはならないもでした。

何か、しばらく家を開けていた家族が帰ってきたような存在ですネ~ 


ところが、居場所が有りません。
昨年までの梔子の場所は蝋梅に場所を譲ってしまいましたので ・ ・ ・

まぁ、暫く鉢植えで楽しみましょうかネ 





同じ時期に、鉢上げをした “ 沈丁花(じんちょうげ) ” と
木バラの “ ブルームーン ” も順調に育っています。

沈丁花
 ⇐ 沈丁花

  来年の春には、
  これまた、上品で色気の
  ある香りが楽しめます。
  







薔薇_ブルームーンa
 二代目の
 “ ブルームーン ” ⇒

  蕾を付けてますが、
  今年は摘んで、
  来年に期待です。








新しい花木もいいのですが、
長年、目に触れて楽しませてくれる花も無くなると寂しいものです。

やっぱり、大事に育てないとネ~ 







  < 過去の関連記事 >         
   ・ 
挿し木、3種     
’10 11/12   こちら 
   ・ 朽ちてこそが花    ’10  7/10   こちら