毎年、この時期になると温かい遠方からの珍しい訪問客(?)があります。

今年も関東以西の比較的暖かい地方に生息するが、庵の庭に舞降りましたヨ~ 

ツマグロヒョウモン












ツマグロヒョウモン ” の雌です 

このところの、気温の低下のせいか
なにか頼りなく、花蜜をすう様子も無く身体を休める様子でした。


もともとは、
アフリカ北東部から東南アジア、朝鮮半島から日本までの熱帯・温帯域に広く分布する蝶で、
ここ数年の温暖化で、2006年頃から北関東でも定着するようになった蝶です。

でも、なかなか見られませんヨ~



これに良く似た蝶で、この辺でも多くみかけるのは

アカタテハ
ヒメアカタテハです。












昨年のこの時期には、
ナガサキアゲハがツツジの蜜を吸いに訪れました。


温暖化の恩恵は、珍しい蝶が見れる位ですかネ~




         メインHP「雅勒の庵」の “ 庵の集い ” で
          “ 庵に集まる蝶達 ” が観られますヨ 
⇒ こちら
 



       < 過去の関連記事 > 
          ・ これって、温暖化?       ’10    9/25
          ・ 新発見 !!            ’10    6/10