雅勒の散歩路

能面師「雅勒(がろく)」が 能楽・能面及び、花木や野鳥・蝶等に関するHP番外編の記事を
“散歩”のような気軽な気持ちで、不定期に掲載しています。

能楽「高砂」と面(おもて) 5

江戸時代、能は一日の興業で狂言をはさんで五番(能は一番、二番と数える)行われるのが本式だったそうで、神・男・女・狂・鬼と、内容によって演能の順が決まってました。

これを“五番立”といい、演能順を決めるものでもあり
、能の作品を大まかに分ける分類法でもあるわけです。


その一番目物として、神を主人公にした“神能”が演じられ「脇能(わきのう)とも呼ばれます。
(前回解説の『翁』は一番目物の前に演じられる儀式です。)

その中で、結婚式でよく謡われる『高砂(たかさご)は一般の人にも馴染みがある演目でしょう。



平安時代前期の延喜(えんぎ)の頃。
九州から都にのぼってきた阿蘇神社の神主・友成一行は、高砂の浜辺に立ち寄り、松の落葉を掃く老夫婦に出会います。

老夫婦は国を隔てている高砂の松住吉(すみのえ)の松が何故、“相生(あいおい)の松(夫婦の松)と云われているのかを語ります。

「実は自分たちも住吉(すみのえ)と高砂に離れて暮らす夫婦だが、心が通っていれば遠く離れて暮らしても夫婦であることに変わりないと話し、松もまた同じだ」と  ・ ・ ・

koushijyo
⇐ 前シテの老人の掛ける
   小牛尉(こうしじょう)の面

uba




     
       前ツレの老女の掛ける
      (うば)の面
 ⇒



   前場の落葉を掃く老夫婦
           19980626_2
                ↑ 
深見東州氏のHPより
                      使わせて頂きました


さらに詳しく聞きたいと言う友成に、我ら夫婦はそれらの松の精なのだと正体を明かし、住吉(すみのえ)で待とうと告げて小舟に乗って姿を消します。



友成らが月夜に船を出し、住吉(すみのえ)の浜辺にやってくると、西の波間から住吉(すみのえ)明神(みょうじん)が現れます。
明神は長寿をほこる松のめでたさを称え、平和な世を祝福する舞を舞います。

kantan
 ⇐ 後シテの住吉明神の掛ける
    
邯鄲男(かんたんおとこ)
    の面







   後場の住吉(すみのえ)明神の舞
           19980626_1
                ↑ 深見東州氏のHPより
                      使わせて頂きました



『高砂や、この浦舟に帆を上げて、
            この浦舟に帆を上げて、
 月もろともに出で潮の、波の淡路の島影や、
                 遠く鳴尾の沖過ぎて、
はや住吉(すみのえ)に着きにけり、
              はや住吉に着きにけり』
 
は結婚披露宴
の定番の一つで、唄には、夫婦和合のハウツーの意味があるようです。





能面の詳細説明はHP『雅勒の庵』の「作品展示室
http://www.net1.jway.ne.jp/k_garoku/gallery.html
                  を覗いてみて下さい。

       < シリーズ : 面(おもて)から観る能楽 >
                         第1回  能楽「翁」と面  ’10 8/18

これって、温暖化? 2

今年の夏は、“温暖化”というより“熱帯化”と言ったほうがふさわしいような暑さでしたネ~  (^_^;)

そろそろ、彼岸が明けようとしているのに「庵(いおり)彼岸花はまだ咲きません。 
 
ここ数日の急激な気温の変化で、いっきに秋(晩秋?)の陽気になったのを待ちかねたように、ようやく蕾が膨らみ始めました。

9月中に咲くのでしょうかネ~ ??
25
 ⇐ 白の彼岸花の蕾
       (9/25)





昨年までは、
彼岸の一週間前あたりから咲き始めて、お彼岸の期間には賑やかに華を添えてくれるのですが・・・

P9130324 
 ⇐ 昨年、9/13の状況


P9160344

      昨年、9/16の状況 ⇒
     (白曼珠沙華)



きっと、今年の異常な夏の暑さが彼岸花の暦(こよみ)を狂わせたのでしょうね。

彼岸花って、日本では「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」と云う素敵な響きを感じさせる名前を持っていますが、
お隣の韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶそうです。
葉の有る時には花が無く、花の有る時に葉が無いので
『花は葉を思い、葉は花を思う』 と云う意味から  ・ ・ ・


温暖化については、今朝(9/25)の新聞にこんな記事が載ってました。
img079
 亜熱帯原産の「ナガサキアゲハ」
 が年々北上し、とうとう福島で
 発見
  
 今までは、日立が北限とされてい
 ましたが・・・
 
                  (画像をクイックすると、拡大表示されます)
 
「ナガサキアゲハ」は、以前このブログでも掲載しました(「新発見 !!」 ’10 6/1)ので、興味深く読みました。



自然界で営みを続ける生き物にとっては、地球の温暖化を一番敏感に感じているのでしょうネ!
 
その点、人間って鈍感な生き物なのでしょうか 



雅勒の原点_版画 3

能面を打ち始めて、10年
それまでは、小学生の頃から憶えた木版画を毎年年末に彫り、年賀状に摺って近況を報告していました。

最初は、1色か2色の簡単な木版画で、序々に色を増やし10色近いものまで彫ったことがあります。
彩色が増えれば、当然版木を彫る作業が増えると同時に、摺りの段階で、これまた大変な作業になります。
何しろ、年賀状ですので100枚近くの“摺り”の作業を必要とします。 (>_<)

学生時代はまだ、時間的な余裕があったので10色近い作品も出来たのですが、仕事に就き時間的余裕が少なくなるに従い、色数を減らして何とか続けてきました。
(一年だけ、たしか翌年が鼠年の時に長期出張で彫れない年がありましたが・・・)


1997年(平成9年)の丑(うし)年の年賀状用の7色摺りの作品で、中国の故事にある『牛に乗る牧童』です。

P9210296
 仏道修行の始めから終わり
 までを、
 牧童が牛を尋ねてから家に
 帰るまでに例えられる為、
 
 家内和平祈願のための掛け
 軸などにも描かれます。

  
 (画像をクイックすると、拡大表示されます)



基になる版木は4枚で、色は線彫りの墨を入れて7色摺りです。

P9210292
 ⇐ 線彫り(桜の版木を使用)
   輪郭と牛の強調部の版木
   

P9210294





     彩色部(1色)の版木 ⇒
     牛の全体部の薄墨
    




P9210293
 ⇐ 彩色部(3色)
   笠と鞍・ゴザと牛の鼻輪

P9210295






     彩色部(2色)の版木 ⇒
     牧童の着物と草履




この作品の頃から、平面の彫刻である“木版画”から立体彫刻への想いが芽生え始めて、その数年後に“能面”に巡り会いました。


お陰で、年賀状にもその年に製作した能面・狂言面の作品をデジカメで撮影してプリント加工出来るので時間の余裕が出来ました。

2010_年賀状
 ⇐ 今年の年賀状


能と狂言 観賞 4

昨日(9/5 日曜日)、
日立シビックセンターで開催された 初秋ひたち『能と狂言』の公演を観賞してきました。
 
img078 
 演目は
 
  能  「采女(うねめ) 小波之伝
  狂言 「寝音曲(ねおんぎょく)
  仕舞 「鐘之段」
  能  「綾鼓(あやのつづみ)
 
             でした。

       P9050276
    特設の能舞台 ⇒






「采女」 は春日大社の縁起物語、藤原氏や法華経の賛美、采女と帝(みかど)との悲恋、入水物語、成仏できたことの喜び等、内容は豊富で本来は2時間近くかかる作品のようですが、小書(こがき:特別演出)小波(さざなみ)之伝”を演じられました。
 
シテ(主役:采女)で掛けられた【宝増(ほうぞう)は可愛らしさと大人びた表情になんとも言えない趣がありました。


能の合間の狂言「寝音曲」は、野村満氏(人間国宝)の良い謡の声と悪い声の使い分けと、次第にそれを取り違えていく演技は80歳の歳を感じさせないものがあり感動しました。


最終演目の「綾鼓」は、
筑前(今の福岡県西部)の皇居の庭掃きの老人が、美しい女御(にょうご)の姿を見て身分違いの恋に落ちてしまった。
姿を見せる約束に鼓を打てと言われた老人は力の限りに鼓を打つが、それは綾(あや)を張った鼓だった…。
綾を張った鼓が鳴るはずはなく、悲嘆の余り池に身を投げた老人は鬼となって甦り、女御の不実を責めさいなむ という内容。
 
女御は【小面(こおもて)】、前シテの老人は【三光尉(さんこうじょう)そして後シテの老人の亡霊は【大悪尉(おおあくじょう)は圧巻でした。
綾鼓後シテ
 大悪尉の面を掛けた後シテ







この「綾鼓(あやのつづみ)」を題材にした、三島由紀夫の近代能「綾の鼓」はビルの小使の謎の貴婦人(実は女スリ)への恋物語は有名ですネ!
他にも、野上弥生子の演劇や有吉佐和子の歌舞伎のための「綾の鼓」もあるようです。



実は、前売りの予約席がかなり後ろの席だったので双眼鏡を持参して能面の表情を伺ったのですが、老人の亡霊のが何なのか(鼻瘤悪尉か?と・・・)悶々としていました。
 
今回の能公演の座長、粟谷明生氏(喜多流)のブログからそれが【大悪尉】だったことが判りました。


さらに、公演会場には日立「面幽会」の会員の皆さんの能面も展示されており素晴らしい作品も拝見できました。
 
P9050279P9050280


また、2年後の初秋ひたち『能と狂言』が楽しみです。
その頃は、雅勒の作品の個展を同じシビックセンターで開催したいものです。 (^‐^)v

でも、あと20年もしたら “綾の鼓をうちながら空しい絶望の日々” を送る老人の人生になるのかナ~ 
(o;ω;o)ウゥ・・・


能楽「翁」と面(おもて) 5

能・狂言の魅力を、能面・狂言面から探ってみるのも興味深いものです。
雅勒の作品をベースに能・狂言の演目と内容をシリーズで解説してみます。

初回は、やはり『(おきな)』でしょう。

』の演目は「能にして能にあらず」といわれ、他の能と異なり劇的な展開を見せることのない儀式の演目です。

揚幕が上がると、「面箱」を掲げた狂言方が出てきます。「面箱」の中には「翁の白式尉」「三番叟の黒式尉」「三番叟の鈴」が収められています。
演者より先に「面(おもて)が登場します。面はご神体であるわけです。
面箱の次にはシテ(主役)の翁が直面(ひためん:面をつけずに素顔のまま)で出てきます。次に、ツレ(助演者)の千歳(せんざい)狂言の三番叟(さんばそう)の順に役が出てきます。


司祭役の太夫(シテ)が舞台右奥に座した後、
笛の吹き出しと小鼓(つづみ)の連打にのって、「とうとうたらりたらりら・・・(呪文めいた文句)と謡い出す。
続いて、千歳が若さを代表して溌剌(はつらつ)たる露払の舞を舞ってその場を清めます。
その間にシテが白式尉(はくしきじょう)の面をかけ、清められた場で白き翁の神が天下泰平を誓う舞を舞ます。

  白式尉                  
hakusiki   」の舞
        


「能面の風姿」(東方出版)
                          「能面の風姿」(東方出版) より ↑

続いて、三番叟が直面(ひためん)で「おおさいおおさい喜びありや・・」と、躍動的な「揉(モミ)ノ段」を舞います。
その後、黒式尉(こくしきじょう)の面を掛け、黒き翁の神となって鈴を振りかざし「鈴ノ段」を舞い、“五穀豊穣”を祈りを捧げます。

kokusiki-yoko
 ⇐ 黒式尉
 
    農耕になじんだ庶民的な
    神の相貌







「白式尉」、「黒式尉」の共通の特徴は、“切り顎(あご)”と“への字眼”で、「白式尉」の眉は兎の毛や麻で作った“ボウボウ眉”も他の能面には見られない工作です。


また、』の特殊演出古い演出)「父尉(ちちのじよう)延命冠者(えんめいかじゃ)には父尉延命冠者の能面が使われます。

enmeikajya

 ⇐ 
延命冠者
 
   延命の徳をそなえた
   少年の相貌で、「父尉」
   と対になる役









近年、『』の演目は新年あるいは舞台のこけら落としに上演されることが多くなったようです。


現在「老い」はマイナス要素で考えられることが多いのですが、古来伝統的には、長寿を保った老人(=)には不思議な霊力が籠もっていると、考えられ「年老いる」ことはプラス評価でもあったわけです。

現代社会にも、そうあって欲しいものですネ! (^‐^)v



能面の詳細説明はHP『雅勒の庵』の「作品展示室
http://www.net1.jway.ne.jp/k_garoku/gallery.html
                  を覗いてみて下さい。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

雅勒

メインHP ⇒ 雅勒の庵 』 

- - - - ’24 ( R.6 )- - - -
1/25 松本氏の《 蛇 》 をアップ


- - - - ’23 ( R.5 )- - - -
12/10 柏原氏の《 深井 》 をアップ
7/14 会員「作品教室」に受賞履歴アップ
2/3 催し物情報に能面展告知 をアップ





お時間があれば、こちらもどうぞ


6月の能と花のイラスト
か・き・つ・ば・た



― 能「杜若」(能絵)-

能「杜若」 ☞ こちら     



― 菖蒲 -
イラスト「十五夜」 より☞ こちら    
アクセスカウンター
  • 昨日:
  • 累計:

       ( UUを表示 )

訪問有難う御座います ♪♪

雅勒の勝手な、お気に入り
能面師 中村光江 さん
 「能面の世界」

能面アーチスト 柏木裕美 さん
 「能面の世界」

和あらかると 岩田晶子 先生
 組紐教室

ノビタ さん 
 「ノビタの釣り天国」

シャンソン歌手:日野美子 さん
 ♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手:別府葉子 さん
 葉子通信

小森真理子 さんの公式HP
 琴 ー 感動

ポピュラーピアニスト namiさんの
 咲花/nami ブログ

ROUGE(ルージュ) さんの
 額 ~薔薇の国星~

音霧 忍 さん
 季(とき)の庭

房総のままちゃん
 ご飯の後。

暇人haru さん
 趣味の歳時記

パラグライダー人生 稲垣 さん 
 「パラグライダー人生」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
QRコード
  • ライブドアブログ